Webスクレイピングでコンテンツマーケティングを進める!

ここ数年、新たなマーケティング手法として「コンテンツ マーケティング」が注目されています。アメリカのコンテンツマーケティング研究所(以下CMIを略します)はによりますと、88%のB2B企業はコンテンツマーケティングを実施しているそうです。コンテンツマーケティングを実施する企業が増えてきていますが、どのようなコンテンツを作ればいいかわからないといった方も多いのではないでしょうか。今回は、コンテンツマーケティングの基礎から、実際に使えるWebスクレイピング手法ご紹介します。

 

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ターゲットになる見込み顧客に、価値あるコンテンツを適切なタイミングで提供し続け、購買行動を起こさせるための一連の手法です。単なるマーケティングキャンペーンではなく、継続的なビジネスプロセスとして運用する必要があります。

コンテンツマーケティングの定義におけるキーワードは「価値ある」であり、従来のマーケティングと区別されます。顧客にとって価値あるコンテンツは、有益で教育的でなければなりません。

それにもかかわらず、コンテンツマーケティングの目的は、Webサイトへのアクセス数を増やすこと、または製品に注意を引きつけ、コンバージョン率を向上させ、最終的に利益を生み出すことです。具体的には、ブランドの認知を拡大、ブランドのファンを育成、リピートを促進することで企業の成長を支援します。

 

コンテンツマーケティングの「コンテンツ」とは?

そもそもコンテンツマーケティングの「コンテンツ」とは何ですか?コンテンツは主にデジタルコンテンツを指します。コンテンツのフォーマットは、記事、画像、オーディオ、ビデオ、イベントなどの共通コンテンツと対話型ツール、電子書籍/白書、Webセミナーなどの高級コンテンツが含まれます。

配信方法から見ると、コンテンツはブログ、ソーシャルメディアの投稿、Webページ、電子メール、ポッドキャスト放送、ビデオ、Live放送で構成されています。CMIによると、以下は企業がよく使う10種類のコンテンツです。

 

コンテンツの制作手法という面から、コンテンツは次のように分類できます。

「BGC」(Brand Generated Content):ブランドにより制作されたコンテンツです。BGCは社内のコンテンツチームに基づいて、製品やブランドに関する貴重な情報を聴衆に提供し、ブランドの知名度を高めます。

「PGC」(Professionally Generated Contents):プロにより制作されたコンテンツです。コンテンツの制作に専門知識を持つ機関やKOLが携わり、製品/ブランドの情報を広範な聴衆に伝えます。

UGC」(User Generated Contents): ユーザーにより制作されたコンテンツです。UGCはすべての企業のターゲットであり、顧客がブランド支持者になっているからです。購買意思決定の際にUGCが役立つと感じている消費者は93%います。

 

今、コンテンツマーケティングの基礎を了解しました。これからの課題はどのようにコンテンツマーケティングを成功することです。次、Webスクレイピングがコンテンツマーケティングの成功にどのように貢献しているかをご説明します。

 
 

Webスクレイピングは、Webサイトからの情報を自動抽出、集約する方法です。Webデータの爆発的な増加に伴い、Webスクレイピングは企業のデータベースを構築する不可欠な手法になっています。

プログラミングGoogleスプレッドシートなどの経由で、Webサイトからデータをスクレイピングする方法はたくさんあります。プログラミング知識のないマーケティング担当者にとっては、最も効率的な方法は、使いやすいWebスクレイピングツールを利用することです。

 

なぜWebスクレイピングが必要なのか?

ほとんどのマーケティング担当者がコンテンツマーケティングに直面している3つの困難に取り組むことで、この質問に答えます。

 

コンテンツが目立たない

平均的に、毎秒約6,000のツイートがTwitter上で投稿され、854枚の写真がInstagramにアップロードされます。毎分約300時間の動画がYouTubeにアップロードされます。今のデジタル世界に、様々なコンテンツから目立つのは企業の最大課題です。抜群の効果を得るコンテンツはきっと高品質なものです。84%のB2Bマーケティング担当者は、コンテンツマーケティングの成功が高品質のコンテンツ制作にあると考えています。高品質のコンテンツを制作するには、より多くの情報を収集しなければなりません。そこで、Webスクレイピングの出番です。

 

技術知識がない

30%以上のマーケティング担当者は、技術知識がないため、コンテンツマーケティングが停滞していると考えています。データに基づくコンテンツを制作する時、より多くの情報を収集するため、Webスクレイピングしないことはほとんど不可能です。Webデータを集約する重要なリソースであり、データ分析の前提とするWebスクレイピングは技術の一種で、プログラマーや技術知識持つ人がしかできず、技術知識のないマーケティング担当者にとっては非常に難しいです。幸いに、ビッグデータ時代には、たくさんの自動化ツールがあります。Webスクレイピングツールを使って、非技術者でも簡単に必要なWebデータを抽出することができ、マーケティング担当者にも学習負担をかけません。

 

予算が少ない

CMIの調査では、マーケティング予算全体のわずか22%がコンテンツマーケティングに費やされています。多くの企業では、複雑で高価なツールの導入に投資する予算は非常に限られています。Octoparseは、市場におけるトップ5のWebスクレイピングツールを分析しました。技術知識のないマーケティング担当者に提供される汎用機能を備えた無料のWebデータスクレイピングツールがあります。つまり、貴重な情報を収集するために必ずしも高価なツールに投資する必要はありません。

 

 

コンテンツの作成にはどのようにWebスクレイピングを活用しますか?

ターゲット顧客と共感するのコンテンツを制作場合にのみ、顧客の関心を惹かれます。したがって、Webスクレイピングが顧客インテリジェンスコンテンツの制作に役立つ方法についてお話します。

 

顧客を知る

彼を知り、己を知れば、百戦あやうからず。横並びで成長する時代は過ぎ、顧客に選ばれる企業だけが生き残る時代なのです。顧客が考えていることが何かがわかれば、 マーケティング施策を考える上で大きな助けになるだろう。顧客のことをより理解する以上、共感するコンテンツを作ることができます。

そこで、Amazonから製品レビューを取得したり製品/関連に関する人々のトピックをTwitterから抽出したりすることができます。このように、ターゲット顧客の関心を持ってコンテンツを見つけることができます。

 

 

業界内の新しいトレンド/人気トピックをフォローする

これはマーケティング担当者がコンテンツを制作する上で不可欠なスキルです。もちろん、Buzzsumoのようなツールを使って最も人気のあるコンテンツを教えてもらえますが、その無料版では過去1年間のデータしか検索できません。このくらいだと足りません。

より効率的な方法はカスタマイズされたWebスクレイパーを構築し、対象Webサイトから必要とする情報を自動スクレイピングし、独自のシステムに抽出されたデータを自動導入することです。これは一度限りの解決策であり、新しいトレンドや人気トピックをリアルタイムで把握することができます。

 

 

 

データの可視化によるコンテンツの充実

間違いなく、データは論点を支える最も強力な証拠です。データアナリティクスの結果を表示したり、図表でコンテンツを説明したりすることで、説得力と信頼性が大幅に向上します。ただし、ネット上のデータは膨大で分散な存在で、それらのデータを収集、整理、加工、分析するにも時間がかかります。ですから、スクレイピングツールを使ってそのプロセスを加速することができます。

私もその方法で、たくさんのコンテンツを作りました。それに、このような記事は特に人気があります。たとえば、「疑問に答えます!なぜWebスクレイピングを学ぶのか?」と「2018 FIFAワールドカップYoutubeでのコメントを可視化する」などです。

 

 

まとめ

今のコンテンツマーケティングに満足していますか?コンテンツ マーケティングを成功させるためには色々工夫しなければなりません。企業やマーケティング担当者にとってチャンスとチャレンジの両方をもたらします。企業はコンテンツマーケティングの戦略を確立し、マーケティング担当者はWebスクレイピングツールを活用して、コンテンツの制作の効率を改善する必要があります。Webスクレイピングでコンテンツマーケティングを進めよう!