リンクされている画像を一括ダウンロードするのに超便利なツール5選

 

f:id:octoparse:20180815190309j:plain

皆さんは、大量の画像を一気にダウンロードしたい!って時はありませんか?好きなキャラとかアイドルの写真をまとめて保存したい!でも、一枚一枚やるのはかなり面倒臭い・・ !って状況がありますよね。私も画像の一括ダウンロードに関する多くのお問い合わせを受けました。

私たちはできる限り機能の改善に努力していますが、今のところOctoparseはWEB上に保存されているURLとして画像を抽出することができます。そこで今回は、リンクされている画像を一括ダウンロードツールを5選ご紹介します。リンクから画像をダウンロードする場合は、必ずこの記事をご覧ください。(画像のURLを抽出する方法がわからない場合は、このチュートリアルをご覧ください。)

 

 

 1. Tab Save

 


無料:✓はい

平均評価:★★★★

アプリケーションタイプ:Chrome拡張機能

製品レビュー:これは私が使っている画像ダウンローダです。簡単なクリックだけでウィンドウに表示されているファイルを保存することができます。したがって、画像のURLを抽出したら、URLを入力して、すぐに画像をダウンロードできます。

 

2. Bulk Download Images(ZIG)

 

無料:✓はい

平均評価:★★★½

アプリケーションタイプ:Chrome拡張機能

製品のレビュー:オプションルールがあるサムネイルではなく、ビッグサイズの画像を大量にダウンロードする場合に使用できます。しかし、一部のユーザーはそれがあまりにも複雑で使いにくいと感じています。

 

3. Image Downloader

無料:✓はい

平均評価:★★★½

アプリケーションタイプ:Chrome拡張機能

製品レビュー:Webページから画像を一括ダウンロードする必要がある場合は、この拡張機能を使って、ページに含まれる画像をダウンロードできます。多くのユーザーは、それが強力で使いやすいと感じています。しかし、それは指定されたフォルダにダウンロードできないようです。使ってみます。

 

4. Image Downloader Plus

 

無料:✓はい

平均評価:★★★

アプリケーションタイプ:Chrome拡張機能

それを使ってWEBから画像をダウンロードとスクレイピングすることができます。選択した画像を特定のフォルダにダウンロードしてGoogleドライブにアップロードすることができます。しかし、一部のユーザーは、このツールがファイル名を変更したり、画像のサイズを使用不能なレベルに変更したりすることあるのを見つけました。

 

5. Bulk Image Downloader 

 

無料:✓はい

平均評価:★★★

アプリケーションタイプ:Chrome拡張機能

製品のレビュー:1または複数のWebページから画像を一括ダウンロードすることができます。それは、複数のタブから画像の一括ダウンロードをサポートしています。

 

 

画像数が多ければ拡張機能を使ったほうが効率的ですね。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。また画像を保存するときはライセンス・著作権などには十分注意しましょう。


それでは、今日はこの辺りで。

働き方改革 | 2018年注目の業務自動化ツール30選

f:id:octoparse:20180810125656j:plain

今の世界では、「オートメーション」の時代に入っています。ますますのシステム運用業務が手動からツールによる自動化に移りつつあります。あなたの周りにも「実は自動化できるのでは?」と思う業務があるのではないでしょうか。

そこで今回は、オートメーションソフトウェアテスト、Webスクレイピング、ロボティックスプロセスオートメーション(RPA)の分野で最も評価の高いプロセス自動化ツールを30選ご紹介します。

 

ソフトウェアテスト自動化ツール

1. Selenium

ライセンス:オープンソース

Seleniumは、WindowsMacLinuxなどのさまざまなWebアプリケーションやプラットフォームのファンクションテストを行うツールとして注目されています。Web自動化テスター、特に高度なプログラミングとスクリプティングスキルを備えたテスターの自動化フレームワークとして、JavaPHPC#PythonRubyJavaScript(Node.js)などの複数言語に対応できます。Selenimuは、柔軟性が高く、多くの機能が提供されているので,業界としてもSeleniumを無視できないほど重要なものになってきています。

 

2. Watir

ライセンス:オープンソース

WatirRuby上で動作するWebアプリケーション向けのテスト自動化ツールです。「Web Application Testing in Ruby」の頭字語で「ウォーター(water)」と発音します。WatirFirefoxOperaIEなどのクロスブラウザテストをサポートしています。それは、HTMLとAJAXのWebサイトのテスト、ページとコントロールモデルをサポートしています。 それに、Watirはデータ駆動型テストをサポートし、RSpec、Cucumber、Test / UnitなどのBBDツールと統合しています。

 

3. Protractor

ライセンス:オープンソース

Protractorは、特にAngularJS Webアプリケーションをテストするために開発された自動化フレームワーク(E2Eテストフレームワークとも呼ばれます)です。これはJasmine、Mocha、およびCucumberのテストフレームワークをサポートするNode.jsプログラムです。Selenium WebDriverを使って、ブラウザを駆動し、ユーザーのブラウザで実行されているAngularJSアプリケーションとのやり取りをシミュレートします。Webページが保留中のタスクを終了したときに、Protractorの自動待ちは、テストの次のステップを自動的に実行することができます。

 

4. Robot Framework

ライセンス:オープンソース

Robot Frameworkは受け入れテスト、受け入れテスト駆動開発のための、キーワード駆動の自動テストフレームワークです。Robot Frameworkは特定の OS やアプリケーションに依存しません。コアのフレームワークPython で書かれていて、Jython (Java VM) や、 IronPython (.NET) でも動作します。テスト機能は PythonJava でテストライブラリを書いて拡張できます。 ユーザは既存のキーワードを使って新しい高水準キーワードを定義でき、それを使ってテストケースを書けます。

 

5. Katalon Studio

ライセンス:無料

Katalon Studioは、Webアプリケーション、モバイル、およびWebサービス用の強力な統合テスト自動化ソリューションです。ChromeFirefoxIEAndroidiOSなどのさまざまなブラウザや端末をサポートできます。Seleniumとは異なり、Katalon Studioは扱いやすく,プログラマーでなくても、自動テストプロジェクトを簡単に開始できます。 Katalon Studioは、CI / CDに統合することもでき、qTest、Jira、Git、Jenkinsなどの一般的なツールとうまく連携できます。自動化テストを効率的に作成・実行し、レポートを出力し、テスト全体を管理することもできます。 

 

6. Unified Functional Testing(UFT)

ライセンス:商業

Unified Functional Testing(UFT)は、機能テストおよび回帰テストのためのテストツールです。UFTは、主要モバイルプラットフォーム(iOSAndroid、およびWindows)上、主要ブラウザーChromeFirefoxInternet Explorer、およびSafari)全体、GUIテストのための包括的な機能セットを提供します。高度な画像ベースのオブジェクト認識、エラー処理メカニズム、自動化されたドキュメント、再利用可能なテストコンポーネントを備えています。GUIアプリケーションからのデータ登録をUFTを使って行うことができます。

 

7. TestComplete

ライセンス:商業

TestComplete は、GUI アプリケーションの機能テストを自動化します。TestComplete では、JavaScriptPythonVBScript、DelphiScript、JScript など複数の言語をサポートしています。また、キーワードテストでは、スクリプトを使用せずに、GUI でテストシナリオを作成することが可能なため、コードを 1行も記述することなく、簡単にテストを作成することができます。TestComplete は Windows 上で動作するアプリケーションをサポートし、Windows クライアントアプリケーション以外にも、Java、.NET、FlashFlex、モバイル(Android, iOS) など、幅広いアプリケーションのテストが可能です。

 

8. Tricentis Tosca

ライセンス:商業

Tricentis Toscaは、企業の開発チーム向けにソフトウェアテスティングの自動化ツールであり、ダッシュボード、分析、統合など幅広い機能セットを提供して、アジャイルと開発者の方法論をサポートします。他の多くの自動テストソフトウェアと同様に、Web、モバイル、APIなどの幅広いテクノロジーとアプリケーションをサポートしています。 Tricentis Toscaはまた、Jenkins、Jira、GitHub、Docker、Puppet、Visual Studioなどの一般的なツールとの即時統合を提供します。Toscaはスクリプトや複雑なコードへの依存を取り除きます。そして、スクラムチームとビジネスユーザが、再利用可能なアプリケーションモデルをドラッグ&ドロップして、普通の英語で完全なテストケースを作成し、管理できるようにします。 

 

9. Ranorex

ライセンス:商業

Ranorexは、多くのサードパーティ製コントロールをサポートする、高性能なUIキャプチャ機能を搭載したUIテスト自動化ツールです。Windowsアプリ、Webアプリ、モバイルアプリに対応しており、ユーザーの操作をキャプチャし、再生することにより、テストの自動化をサポートします。操作性が高く、強力なUIオブジェクト認識能力を備えているため、プログラミング経験者でなくとも、データ駆動型テストやキーワード駆動型テストといった複雑なテストを組み立てることができます。それに、このツールは、Webアプリケーションのテスト用のSelenium統合をサポートしています。テスターは、Seleniumグリッドを使用して、プラットフォームやブラウザー間でテストの実行を分散することができます。

 

10. Telerik TestStudio

ライセンス:商業

Telerik TestStudioは、デスクトップ、Web、およびモバイルアプリケーションのテストを自動化するソリューションを提供します。UI、負荷、およびパフォーマンステストを含みます。JavaScriptSilverlightWPFMVCAJAX、HTML、ASP.NETなど、さまざまなプログラミング言語をサポートしています。 Telerik TestStudioは、クロスブラウザテスト、手動テスト、バグ追跡ツール、レコード/再生のための高度な機能を備えています。

 

 

Webスクレイピングツール

11. Scrapy

ライセンス:オープンソース

Scrapyは、Python で書かれているWebクローリングとスクレイピングフレームワークです。もともとはWebスクレイピング用に設計されており、APIを使用してデータを抽出したり、汎用のWebクローラーとして使用することもできます。Scrapyは、開発者がWebサイト動作に関する仮定のテストに使用できるWebクローリングシェルも提供します。

 

12. WebScraper(Chrome)

ライセンス:無料

Web Scraperは、オンラインテーブルからデータを抽出できる、使いやすいスクリーンスクレイピングツールです。Web Scraperは動的なWebページからデータを抽出できます。サイトマップを使って、サイトをナビゲートし、複数のタイプのデータ(テキスト、テーブル、画像、リンクなど)を抽出します。また、ページをスクロールしたり、AJAX経由でデータをロードしたページングボタンをクリックしたり、ボタンをクリックしてより多くのデータをロードしたりするなど、JavaScriptで動的にロードまたは生成されたデータを抽出することもできます。また、データをCSV形式で簡単にエクスポートしたり、CouchDBに保存したりすることができます。

 

13. Octoparse

ライセンス:無料

Octoparseは、コードを書くことなく、AJAXJavaScriptCookieCaptchaなどの静的および動的Webサイトからデータを手軽に抽出することができる無料Webスクレイピングツールです。また、内蔵Regexツールを使って、多くの複雑なWebサイトからデータを抽出でき、XPathツールを使ってWeb要素を正しく見つけることができます。 Web Scraperと同じ、データをCSVExcel形式で簡単にエクスポートしたり、データベース(SqlServerMySqlOracle)に保存することもできます。さらに、クラウドサービスにより、多くのクラウドサーバによって短時間に大量のデータを抽出することができ、Octoparse APIを使用してデータを取得することができます。IPが自動的に巡回できるので、アクセス拒否を効果的に避けられます。

 

14. Visual Web Ripper

ライセンス:商業

Visual Web Ripperは、さまざまな機能をサポートする自動スクレイピングツールです。これは、プログラミングスキルを持つユーザーを必要とするスクリプトを実行するなど、先進的な技術を備えた難しいWebサイトではうまく機能します。また、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供し、基本的な操作方法を迅速に把握できるようにします。さまざまなデータ形式AJAX Webページを抽出し、CSVSqlServerOracleなどのさまざまな形式にエクスポートできます。

 

15. Outwit Hub

ライセンス:無料

OutWit Hubは、Webデータ抽出機能を備えたFirefox向けのアドオンで、Web検索を簡単にさせます。このWebクローラーは、表示中のWebページの詳細をパーツ毎に一覧で表示、必要なパーツをローカルに簡単にダウンロードできます。ニーズに応じて、大量のデータをスクレイピングできる単一のインターフェイスを提供します。OutWit Hubを使うと、ブラウザ自体から任意のWebページをスクレイピングしたり、自動エージェントを作成してデータを抽出したり、設定によってフォーマットすることさえできます。これは、最も簡単なWebスクレイピングツールの1つで、無料だし、コードを書くことなくWebデータを抽出できます。

 

 

RPAツール

16. UiPath

ライセンス:無料

UiPath は業務自動化をサポートするロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアです。 ほとんどのアプリケーションからWebデータとデスクトップデータの抽出を自動化します。Windowsシステムを実行している場合は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアをインストールできます。Uipathは、複数のWebページにわたって表形式のデータとパターンベースのデータを抽出できます。Uipathは、さらにクローリングするための組み込みツールを提供しています。このメソッドは、複雑なUIを処理する場合に非常に効果的です。個々のテキストエレメント、テキストグループ、テキストブロック(テーブル形式のデータ抽出など)の両方を処理できます。さらに、コードを書くことなく、インテリジェントなWebエージェントを作成できますが、.NETハッカーがデータを完全に制御できます。

 

17. Syntel

ライセンス:商業

Syntelは最新のAgileとDevOpsの手法を採用し、お客様のアプリケーション開発プロセスをスピードアップします。ファクトリベースの開発モデルの実現、さまざまなクラウドプラットフォームを活用してアプリケーションを開発およびテストに役に立ちます。Syntelは敏捷性の製品エンジニアリングセンターを提供し、自動化されたDevOpsを搭載します。そうすると、納品を加速できるし、Pivotal Cloud Foundry、Salesforce、Dockerのような業界をリードするクラウドソリューションを導入できます。すべてのプラットフォーム用の自動化モデルを開発し、高品質のエンジニアリングを統合します。

 

18. Blue Prism

ライセンス:商業

Blue Prismは、Microsoft .NET Framework上に構築されており、あらゆるアプリケーションを自動化し、多様なプラットフォーム(メインフレームWindowsWPFJava、Webなど)でのさまざまな形態(ターミナル エミュレータ、シッククライアント、シンクライアント、webブラウザ、Citrix、webサービス)をサポートします。 Blue Prismは、全社のあらゆるアプリケーションの自動化に使用できる単一の性能を提供します。Blue Prismは、物理的および論理的アクセス制御の両方を使用して、マルチ環境導入モデル(開発、テスト、ステージングおよび本番)向けに開発されているため、一元的なリリース管理インターフェースとプロセス変更配布モデルを搭載し、高いレベルの可視性と統制を実現しています。また、プロセス開発と再利用の一元管理モデルによって、さらなる制御が行えます。

 

19. Softomotive

ライセンス:商業

Softomotiveは、RPA製品とサービスの人気の提供会社の1つです。企業が運用コストを大幅に削減し、効率を高め、生産性を向上させ、パフォーマンスを向上させるProcessRobotソリューションを提供します。構造化されたワークフローを整理し、データ品質を向上させ、人的ミスを排除し、優先順位の高い付加価値の高い計画に注力することができます。24時間365日、夜間、週末にかけて動作し、顧客の期待を超えて要求を即時に処理することができます。

 

20. WorkFusion

ライセンス:商業

WorkFusionは、金融サービス、eコマース、小売業など、幅広い知識労働を自動化するSaaS群集コンピューティングプラットフォームです。WorkFusionは、クラウドソーシングで獲得した労働者にアルゴリズムを教育訓練して、それらのワークフローの自動化を行っています。AI、RPA、人間を単一の直感的なプラットフォームで一体化させることによって、ビジネスプロセスを自動化します。プラットフォーム上でデジタル・ワークフォース全体をオーケストレーションすることによって、顧客はコスト、生産量、生産性を予測し、アクションを指示する高度な業務分析を使用することができます。

 

21. Automation Anywhere

ライセンス:商業

Automation Anywhere Enterprise は、ソフトウェアボットと共に構成されWindows 環境で稼働し、主な設定は、タスクエディタにより、 自動化したい作業ステップを記録し、スクリプトを作成します。Web サイトのデータ抽出やスケジュールされたファイル転送などの一般的なタスクを自動化する数十種類の事前構築タスクテンプレートが含まれています。 光学式文字認識(OCR)やJava との統合などの高度な機能を備えたオプションの統合パックを購入することで、幅広い外部アプリケーションと統合することができます。高いセキュリティ基準にも対応可能です。また、中央管理型のシステムを提供しており、ロボットの一元管理を可能にします。

 

22. NICE

ライセンス:商業

NICEは、高度に構造化された、日常的な、規則的なスケジュールやイベント駆動の手動のデスクトップタスクを自動化します。管理サーバーによる集中的な運用管理の方式で、ロックされた画面の背後で実行する機能やロボットの接続監視機能などがあります。人間による手作業な事務処理などでは、Excelやメールといった基本的なツールを組み合わせて使うことが常態化していることが多く手間や負担が大きく、また時間もかかってしまうことがあります。これをNICEが代行することで高速に処理できるようになります。

 

23. WinActor

ライセンス:商業

WinActorは、NTTのグループ企業であるNTTアドバンステクノロジが開発したRPAツールです。Microsoft OfficeExcelAccess、Word、Outlookなど)、ERPOCR(画面イメージのみ)、個別に作り込んだシステム、共同利用システムなど、Windowsソフトの作業手順を自動化します。基本的にデスクトップレベルのRPAツールですが、NTTデータ提供「管理ロボ」をインストールすればサーバー中央管理が可能になります。

 

24. Pega

ライセンス:商業

Pegasystems は、自社のBPMCRM を補完する目的でRPA のOPENSPAN 社を買収し、ロボット、分析、ケース管理を統合して提供します。「Pega Robotic Automation」には業界トップクラスとなるBPMプラットフォームの主要機能を搭載しています。業務の自動化と業務プロセス管理のデジタル化を、同時に実現することが可能になっています。

 

25. BizRobo!

ライセンス:商業

BizRobo!は、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボット(Digital Labor)の導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。ウェブサーバーを1台用意するだけで、複数のロボットを作成でき、それらを同時に運用することができます。そのため、大規模なウェブアプリケーションに適しています。また、ロボットに覚えさせる業務フローの作成が容易にできるので、担当者がロボットを簡単に作ることができます。日本語によるトレーニングコンテンツも用意し、充実しています。

 

26. Redwood Software

ライセンス:商業

Redwood Softwareは、デジタルプロセスの変換を加速し、業務中の手動作業のコストを削減します。ERP プロフェッショナルサービスの経験があり、Redwood robots は、Oracle やSAP のERP システムと連携して、物流や電子取引、財務などあらゆる分野での作業の効率化を実現します。お客様は、ソフトウェア、クラウドアプライアンスなどの複数の導入オプションから選択できます。Redwoodの自動プロセスパッケージ(APP)は事前設定されて、エンドツーエンドのプロセスをシンプルすることができます。

 

27. ROBOWARE

ライセンス:商業

ROBOWAREは、ソフトウェアロボットを開発し、IP接続されたソフトウェアロボットを制御するためのフレームワークです。開発できる言語は、RubyJavaPHPC# で、高度なプログラミング知識なしでも、ソフトウェアロボットが作成でき、あらゆる規模のあらゆる業種の事務作業や、運用業務の自動化が可能になります。WindowsLinux で稼働します。ROBOWAREを活用すれば、実行されているアプリケーションのウィンドウ画面に何が表示されているか認識できることで、確実に目的のアプリケーションウィンドウにキー入力やマウスを操作することができます。キーボードやマウスの入力がなくても、直接PC内で動作しているアプリケーションのメモリを読み込むことで画面表示などのコンピュータリソースを確認しながら目的の情報を制御可能です。

 

28. Verint

ライセンス:商業

Verint Systemsは、操作対象の認識方式として特許技術である画面イメージおよびOCRによる文字認識を組み合わせた独自技術を採用し、対象アプリケーションの制限を最大限に減少させていまする。また、操作方法を監視・自動記録する機能や、定型のコマンドを選択リストから選ぶことで動作を補完する処理を追加して作成する仕組みを持っているようです。さらに、業務プロセス分析ソリューションによりデスクトップ作業を常時監視し、手順のトラッキングと可視化により、業務プロセスの定義やモニタリングを自動的に行うことも可能とのことです。

 

29. Autoブラウザ名人

ライセンス:商業

Autoブラウザ名人は、ブラウザ上で行う定型的なルーチンワークをを自動化することで、業務の自動化・デジタル化を推進するRPAツールです。インターネットエクスプローラーの起動、取引先のWebサイトへのアクセス、ログオン、メニューやボタンのクリック、ログオフなどを自動化できます。インターネットを介した取引先とのデータ交換が飛躍的に効率化します。また、Excelや、さまざまなWindowsアプリケーションを利用した業務の自動化も可能ですので、業務の生産性が飛躍的に向上します。 

 

 

30. SynchRoid

ライセンス:商業

SynchRoidの特徴は「ITスキルが低い人材でも開発できるシンプルなRPA」です。従来、RPAとは開発画面が難しく専門的なスキルが要求されることの多い製品でした。そこでSynchRoidでは、開発画面をGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)で提供し、情報システム従事者でなくとも開発者として自動化ロボットを作り出せます。実行環境は、デスクトップおよびサーバーどちらも選択可能です。なお、SynchRoidはBizRobo!をベースに行っており、ソフトバンクはRPAテクノロジーズに出資も行っています。

 

 

 

認識している自動化ツールを、メーカーの公開情報を中心に私見も交えながら書いたが、少しは皆さんのご参考になりましたでしょうか?
これらの自動化ツールには、今後でますます増えるソフトウェア自動化の課題に対応できる独自の機能があります。働き方改革には、業務自動化ツール導入に注目が集まっています。業務プロセスを自動化ツールで最適化することで、従業員はより重要な業務に集中することができます。面倒な手作業は自動化ツールにやらせましょう!

2018年に注目すべき世界8大技術トレンド

世界的な大手情報サービス企業であるIHS Markitは2018年1月、「8 in 2018: the top transformative technologies to watch this year」というホワイト・ブックを発表しました。この中で2018年に産業界の改革/革新に大きな影響を与える可能性が高いテクノロジーとして、8個のトレンドを予測しました。

この記事では、この8個のテクノロジーを紹介したいと思います。

 

1. 人工知能(AI)

 

人工知能は、記憶や学習、推論、判断など高度な作業に必要不可欠となる人間の知能をコンピューター上で人工的に構築し、これまで人間が脳内で行ってきた作業を再現する仕組みや研究のことです。AIの手法としては、以下のようなものがある。特定のアプリケーションには、エキスパートシステム音声認識とマシンビジョンがあります。(定義ソース:http://searchcio.techtarget.com

現在、AI技術は、スマートフォンやヘルスケア機器、車載システムなどの産業で活用が進んでいます。AIには、オンデバイス型とクラウド型の2つの方法があり、どっちでも長所と短所があります。クラウド型AIは、深い学習アルゴリズムを使用しているため、データ分析の能力は優れていますが、プライバシーや反応時間、安定性に潜在的な問題があります。これに対して、スマートフォンなどに実装されたオンデバイス型AIは、これらのリスクを軽減することが可能です。たとえば、内蔵AIを配備したスマートフォンは、データをローカルに保存して、ユーザーのプライバシーを保護することができます。

 

2. モノのインターネット(IoT)


モノのインターネット(IoT)は、従来インターネットに接続されていなかった様々なモノ(センサー機器、駆動装置(アクチュエーター)、建物、車、電子機器など)が、ネットワークを通じてサーバーやクラウドサービスに接続され、相互に情報交換をする仕組みです。
IHS Markitは、世界中でIoT対応機器の普及台数が2017年の270億台から2025年に730億台に達すると予測します。こうした中で、エッジコンピューティングとクラウド分析による接続性の強化は、2018年のIoTの成長を加速します。その一例として、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク技術を挙げました。

さらに、IoTに関連する技術はより成熟になっています。マシンビデオやユビキタスビデオは、ビジュアル分析に連続したデータサポートを提供します。人工知能クラウド、仮想化は、コンピューティングネットワークのいわゆる「エッジ」側で収集されるデータから得られる重要な洞察を発展させるのに役立ちます。データ分析にAI技術を適用すれば、コスト削減、効率の向上、製品中心であったこれまでのビジネスモデルをサービス中心型に移行させることができ、収益力の向上を推進します。

 

3. クラウド & 仮想化

クラウドコンピューティングは、インターネットなどのコンピュータネットワークを経由して、コンピュータ資源をサービスの形で提供する利用形態であり、最小の経営努力で迅速にプロビジョニングできます。略してクラウドと呼ばれることも多いです。
一般的にAIやマシンラーニングの技術を使いこなすためには、専門的な技術知識が必要となります。これに対して、クラウドサービスを活用すれば、十分な技術知識がない技術者でも、AIを利用したシステムの開発やサービスを行うことが容易となります。

 


4. コネクティビティ

コネクティビティとは、パソコンと周辺機器との接続、ネットワークへの接続など、複数のものを連結する能力を指します。

「5G(第5世代移動通信)商用サービス」の開始同時に、2018年にはコネクティビティがきっと焦点になります。しかし、5Gを完全に導入するまでの道は複雑で、したがってモバイルネットワーク企業やインフラプロバイダー、関連機器メーカーなどにとっては事業機会がさらに拡大します。利用形態も従来の音声通信やデータ通信の用途に加えて、さまざまなIoTアプリケーションや基幹アプリケーションが新たに登場する可能性が高いです。

 

 

5. ユビキタスビデオ

ユビキタスビデオとは、ほとんどの場所でビデオコンテンツをキャプチャ、作成、消費、配信する機能を指します。ビデオサービスの爆発的な成長は、カメラ対応の携帯電話の普及率の高さや商品化を含む複数の要因によって推進されています。これにより、広範囲の有線および無線接続オプションを備えたほぼすべての場所にさまざまなサイズと形状のディスプレイを配置することができました。
今、スクリーンとカメラは、民生機器やエンタープライズ機器に広く適用されています。ネットワーク、スマートフォンなどの成長とともに、ビデオの消費、創造、流通、データトラフィックは爆発的に増加しています。さらに、高画質イメージセンサーを搭載したカメラモジュールは、車載システムや産業機器、医療機器などへとその応用が広がっています。

 

6. コンピュータビジョン

コンピュータビジョンは、コンピューターに取り入れた生の画像情報を処理、理解して、必要な画像情報を取り出す技術です。エンジニアリングの観点からは、人間の視覚システムが行うことができるタスクを自動化することを目指しています。
コンピュータビジョンは、過去20年間に産業機器や民生電子機器など多くの用途で重要な技術の1つとなっています。イメージセンサの普及と画像処理と解析の改善により、産業用ロボットやドローン、インテリジェント交通システム、高品質監視システム、医療機器、車載システムなどの用途で幅広く活用されています。

 

7. ロボット & ドローン

ロボットとドローンは、複雑で、反復的な動作を完了できる自律型または半自律型のマシンです。ロボットとドローンの2018年における世界市場規模は、39億米ドル規模に達すると予測しています。部材の搬送やピッキング、組み立て、さらには物流、配送など、これまで人間が行ってきた作業領域を、ロボットやドローンに置き換えることが可能になってきました。

 

 

8. ブロックチェーン

ハーバード・ビジネス・レビューでは、「ブロックチェーンは、2者間の取引を永続的に記録できるオープンな分散型台帳技術」として記載されています。ブロックチェーンは、暗号とタイムスタンプを利用して、さまざまな取引と相互作用の永続的な記録を提供しています。
ブロックチェーンは、分散型コンピュータネットワーク技術を可能にし、である「ビットコイン」や「イーサ」などの仮想通貨の基礎となります。支払い関連のソリューションにおけるブロックチェーンの採用として、ブロックチェーンは、金融サービス業界に浸透していることは明らかです。ブロックチェーンは2018年も引き続き、広告効果の向上や広告詐欺対策、音楽ロイヤルティー支払い分配などのシステムに活用されます。

 

 

まとめ

今日のテクノロジーの世界では、イノベーションが急速に進んでいます。このように変化が速い時代において、新たな知識や技術を貪欲に取り入れて時代の変化にうまく適応することが、勝ち残る秘訣なのでしょう。 

GoogleスプレッドシートでWebからデータを取得する

Webサイトからデータを抜き出し、xls、csv、txt、xmlなどに変換するには、コピペが一番使われますよね。でも、データの量が多いなら、相当な労力を費やします。もしPythonなどのプログラミング技術があれば、Webスクレイピングでコピペを自動化でき、その仕事が楽になります。プログラミングの知識がないなら、コピペしかありませんか?そこで、Googleスプレッドシートを試してみてください。

Googleスプレッドシートはリリース以来、多くの人々の日常業務に使われていますが、多くの組み込み関数があることを知らないかもしれません。実は、スプレッドシートを利用して、コードを書く必要なしに、Webから自動的にデータを取得できます。

この記事では、まずGoogleスプレッドシートだけで簡易なスクレイピングができる方法をお伝えします。次に、スクレイピングツールOctoparseを使って、データ取得のプロセスを比較します。皆さんは、スクレイピングニーズに適した方法を選択することができます。

 

 

GoogleスプレッドシートでIMPORTXML関数を使って簡単なWebクローラーを構築する

ステップ1:新しいGoogleスプレッドシートを開来ます。

 


ステップ2:ChromeブラウザでターゲットWebサイトsteamspy.comを開きます。ページを右クリックして「検証」を選択し、コンビネーションキー「Ctrl + Shift + C」を押して「セレクタ」を有効にします。そうすると、必要な箇所にカーソルを置くと、対応する情報が「検証パネル」に表示されます。

  

 

コンビネーションキー「Ctrl + Shift + C」

 


ステップ3:URLをスプレッドシートにコピペします。ここではA2に指定します。

 

 

IMPORTXMLという非常に便利な関数を使って、価格データを取得します。

 
まず、要素のXpathをコピーする必要があります。

価格の箇所を選択 → Copy → Copy XPath をクリック。

//*[@id="trendinggames"]/tbody/tr[1]/td[4]

XPathを取得しました。

 

次、シートに下の関数式を入力します。

=IMPORTXML(URL, XPathクエリ)

そして、URLとXPathクエリを指定します。ダブルクオートがスプレッドシートの引数とぶつかってしまうため、そこだけシングルクオートに変更してください。

=IMPORTXML(A2,"//*[@id=’trendinggames’]/tbody/tr[1]/td[4]")

 

 

これで無事、"$19.99" という文字列が取得できました。


テーブルの取得方法もあります。

= IMPORTHTML(URL, クエリ, 指数)

この式を使うと、テーブル全体を簡単に抽出できます。

 

 

さて、スクレイピングツールOctoparseを使って、同じ作業をどのように達成できるかを見てみましょう。

ステップ1:Octoparseスクレイピングするサイトを開く

 Octoparseには、ウィザード形式で手軽に行える「Wizard mode」と、自由度高い「Advanced mode」がありますが、今回は「Advanced mode」を利用してみます。URLを入力し、下部にある「Save URL」をクリックします。ちなみに、インターフェイスの右上にある「ワークフロー」ボタンを開くと、タスクの実行順番を確認できます。

 

ステップ2: ページ遷移のループを作る

ページのある「Next」ボタンをクリックし、「Action Tips」パネルから「Loop click next page」を選択します。

 

 

 

ステップ3:Webクローラーを定義する

すべての情報を読み込んだ後、「Loop Item」を作します。

まず、第一行のデータをクリックします。各行を全体として取得するには「Action Tips」パネルに「TR」をクリックしてください。

 

 

 

そうすると、第一行全体が指定されました。

 

 

 

 

 

アイテムが1行しか選択されません。ですから、25行になるまで次のアイテムを同じように指定します。

 

 

 

「Loop click each element」をクリックした後、「Loop Item」ができました。

 

 

でも、クリックするのではなく、各行のデータをスクレイピングしたいので、「Click Item」を右クリックして「Delete」を選択します。

 

それから、ワークフローで、「Extract data」のアイコンを「Loop Item」に引きずって、「Loop Item」の中に置きます。

 

 

 

ステップ4:抽出したいデータを選択する

必要なデータをクリックし、「Action Tips」にある「Extract text of the selected element」を選択します。
必要に応じて、フィールド名を編集します。

 

ステップ5:クローラーを行い、データを抽出する

「Save」をクリックして、クローラーの設定を保存します。それから、「Start Extraction」をクリック、クローラーを行い、以下のようにデータを取得しました!CSVExcelなどの形式で出力できます。

 

 

 

 

いかがでしたか?簡単にデータを取得できますね!皆さんもお試してみてください。

 

5分で分かる!ビッグデータ、機械学習、データマイニングの意味

近年のWeb、スマホ、アプリなどの発展により、以前とは比較にならないほど膨大な量の情報があふれています。このようなビッグデータを扱う需要が増えてきており、そのデータ分析を行う分野であるデータサイエンスに注目が集まっています。

そんな中、上司から唐突に「データマイニングを使って、このデータから業務改善に役立つような案を出してくれ」と言われ、困ったことはありませんか?データマイニングと似た言葉に、機械学習があります。よく耳にするこの「データマイニング」や「機械学習」とは、そもそもどのようなものなのでしょうか?

今回は、これらの言葉について、わかりやすく解説していきます。

 

ビッグデータ

ビッグデータとは、インターネット上に溢れている大量のデータを意味する用語です。しかし、多くの場合、ビッグデータとは単に量が多いだけでなく、様々な種類・形式が含まれる非構造化データ・非定型的データであり、さらに、日々膨大に生成・記録される時系列性・リアルタイム性のあるようなものを指すことが多いです。データ量が膨大である場合、このデータはどの単一のコンピューターでも処理できないことは明らかです。たとえ10GBほどの大きなファイルを、すべてのWindowsシステムでクラッシュする前に開くことはできません。そのために、ビッグデータが開発されています。大きなファイルを小さく分割し、多数のコンピューターで処理できる特別なソフトウェアと考えることもできます。このようなデータを分割してコーミングするプロセスは、MapReduceと呼ばれています。このプロセスで最も一般的に使用されるフレームワークHadoopです。 Hadoopは基本的な問題を解決し、Pig、Zookeeper、Hiveなどのツールとともに使用して、プロセスをさらに簡単にします。

 

機械学習

機械学習とは、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のことです。さき、データの処理方法にに言及しました。例えば、このデータには、購入した商品の合計数、各購入者が購入した商品数など、購入者の購入行動のが含まれていると仮定します。これは今までの単純な統計分析です。しかし、さまざまなタイプの顧客の間における相関関係を分析する場合、特定のタイプの顧客の好みを推定する場合、または顧客の性別や年齢を予測する場合でも、より多くの複雑なモデルが必要です。それはアルゴリズムと呼ばれています。ロジスティック回帰、決定木、協調フィルタリングなど、データマイニングの目的で開発されたさまざまな種類のアルゴリズム機械学習として理解することができます。

 

データマイニング

データマイニング」とは、大量のデータについて統計学人工知能などを駆使して、データ間の相関関係や隠れたパターンなどを見出すための手法です。機械学習アルゴリズムを適用することで、既存のデータを利用して未知数を予測することができます。これが、データマイニング機械学習と深い関係がある理由です。それにもかかわらず、あらゆる機械学習アルゴリズムの強みは、大量のデータの供給に大きく依存します。アルゴリズムがどれほど洗練されているかに関係なく、数行のデータからインスピレーションを予測することはできません。ですから、データマイニングを行うために、まずは実際にデータを収集することが必要です。一般的には、元となるデータが多ければ多いほど、有益な情報をマイニングできる可能性が高まります。

 

 

まとめると、ビッグデータ技術は機械学習の前提、機械学習を使用することで、既存のデータセットから貴重な情報を得ることはデータマイニングです。


ビッグデータデータマイニング機械学習は何ができますか?

要するに、それらの技術は予測の能力を私たちに与えます。

 

1.私たちの生活はデジタル化された

今、私たちの毎日している多くのことが記録されます。すべてのクレジットカードの取引はデジタル化され、追跡可能です。私たちの公衆活動は、街の隅々まで監視されています。企業にとって、財務データや営業データの大部分は各種類のERPに保存されています。ウェアラブルバイスの登場により、心拍や息がデジタル化され、使用可能なデータに保存されています。生活の多くがデジタル化されているように、コンピュータはこの世界をよりよく理解できるようになりました。

2.パターンが変わらないなら、過去=未来

世の中にある物事は異なるパターンを示しています。例えば、仕事日には会社と家の往復する可能性が高く、休日に旅するか映画を見るか、このパターンがあまり変わりません。店舗の1日に、ピーク時間帯と暇時間帯があるというパターンはあまり変わりません。企業は年間数ヶ月のうちにより高い労働投入を要求するパターンはあまり変わりません。

ポイント1とポイント2をまとめると、過去のパターンが提供されている場合、コンピュータが未来を予測するのが非常に可能であると結論付けることができます。これらのパターンは長期間にわたって一貫している可能性が高いためです。

 

コンピュータが人々のライフスタイルを予測できるなら、プロモーションの展開がしやすい時期を正確にわかります。例えば、ある人は毎週の金曜日に洗車サービスを受ける場合、洗車キャンペーンを実施するか、ある人は毎年の3月に旅行に行く傾向がある場合、ホテルの宿泊にクーポンを配布するかなどのことを行います。ビジネス的には、コンピュータは店舗の1日中の売上を予測して、総収益を最大化するビジネス戦略を構築することができます。企業の場合、コンピュータは労働力を最も合理的に配置して、最高の運用計画を立てることもできます。

 

未来が予測可能になるとすぐに、私たちは早めに計画を立て、しっかり準備をすることができます。「マトリックス」のネオと同じように、弾丸がどこから来ているかを見られるので、弾丸を止めれます。「確率論に高度な把握、人間心理学に徹底的な理解、特定の個体に既知の傾向は、変数の数をかなり減らすことができる」とシャーロック・ホームズがそう言いました。言い換えれば、「ビッグデータは、未来を予測する力を私たちに与える」ということです。これはデータマイニングの力で、データマイニングビッグデータと結びついています。ビッグデータは膨大なデータセットを可能し、すべての予測に基盤を提供しているからです。

Webスクレイピングで第10回AKB48世界選抜総選挙のデータを取得

f:id:octoparse:20180724122223j:plain

毎年6月になるとAKB48の総選挙で盛り上がりを見せています。2018年もやってきました。6月16日、「第10回AKB48世界選抜総選挙」(別名:AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 ~世界のセンターは誰だ?~)の開票イベントが、愛知・ナゴヤドームにて開催されました。総投票数は3836652票だそうで、松井珠理奈さんが194453票で1位の座を獲得しました。

今年は100位まで発表され、みんなそれぞれの情報を了解したいので、この度Octoparseというスクレイピングツールを使って、メンバーのデータを一気に取得しています。(Octoparseをダウンロード

Octoparseでは、様々なデータ抽出方法があるのですが、今回は「リスト状となっているコンテンツからデータを抽出する」と「リストから詳細ページへ行ってデータを抽出する」の2種類の方法を全部使って紹介したいと思います。

 

さて、始めましょう!

 

ステップ1:Octoparseでスクレイピングするサイトを開く

Octoparseには、ウィザード形式で手軽に行える「Wizard mode」と、自由度高い「Advanced mode」がありますが、今回は「Advanced mode」を利用してみます。

サイト:https://www.akb48.co.jp/sousenkyo53rd を入力し、下部にある「Save URL」をクリックして、最初のステップを完了しました!

 

ちなみに、インターフェイスの右上にある「ワークフロー」ボタンを開くと、タスクの実行順番を確認できます。

 

 

次のようになります。

 

 

 

 

ステップ2:Webクローラーを定義する

すべての情報を読み込んだ後、スクレイピングするデータを指定します。

 

1.まず、各アイテムを全体として、クリックします。「Action Tips」パネルには選択結果を提示します。

 

 

アイテムが16しか選択されません。ですから、100件になるまで選択されていないアイテムをクリックします。

 

2.「Loop click each element」をクリックした後、詳細ページに入ります。そうすると、スクレイピングするデータを指定します。

 

 

データを取得しました。データフィールドの下にあるツールはデータを再フォーマットできます。

 

 

 

 

3.タスクを正しく行うために、「Loop Item」の「Variable List」を修正する必要があります。以下のXpathを入力します。

//DIV[@class="quickAnnouncementList"]/UL/LI/A

 

4.詳細ページには得票数がないから、アイテムページで取得しかありません。ワークフローでは、「Extract data」のアイコンを「Loop Item」に引きずって、「Click Item」の上に置きます。

 

 

それから、アイテムから得票数をクリックして、「Extract text of the selectedelement」を選択します。

 

 

 

 

ステップ3:クローラーを行い、データを抽出する

「Save」をクリックして、クローラーの設定を保存します。それから、「Start Extraction」をクリック、クローラーを行い、以下のようにデータを取得しました!CSVExcelなどの形式で出力できます。

 

 

 

 

いかがでしたか?簡単にデータを取得できますね!皆さんもお試してみてください。

WebサイトをスクレイピングするWebクローラー20選

今では、Webクローリング(Webスクレイピングとも呼ばれる)は多くの分野で広く適用されています。これは、任意のWebサイトから取得されたデータを簡単にアクセスできるようにデータベースに保管することを目的としています。Webクローラーツールは、クローリングプロセスを簡単、自動化にし、Webデータリソースを誰でも簡単に利用できるようにするため、 広く知られています。Webクローラツールを使用すると、コピペをしなくなり、データ収集が自動化になります。さらに、Webクローラー使うと、コードを書く必要がなく、ネット上の情報を速くスクレイピングでき、構造化データに変換できます。

以前、Webクローラーに関する基礎知識について紹介しましたので、今回の記事では、WEB上で人気のあるトップ20のWebクローラーツールを紹介したいと思います。

 

1. Octoparse

Octoparseは、どんなWEBサイト上のデータも手軽に抽出することができる強力な無料Webクローラーです。Octoparseには、「Wizard mode(ウィザードモード)」と「Advanced mode(アドバンスドモード)」があり、プログラミングの知識がなくてもカンタンに利用できます。このフリーツールをダウンロードした後、マウスクリックで簡単にデータを抽出できます。取得したコンテンツをダウンロードし、CSVExcel、またはデータベースなどの構造化フォーマットとして保存できます。

それに、クラウド型プラットフォームも提供するので、スケジュール設定が可能で、自動取得したデータはクラウドに保存され、どこでもアクセスできます。ハードウェア保守も不要だし、ネットワーク中断に心配する必要もありません。IPが自動的に巡回できるので、アクセス拒否を効果的に避けられます。

また、内蔵Regexツールを使って、多くの複雑なWebサイトからデータを抽出でき、XPathツールを使ってWeb要素を正しく見つけることができます。

要するに、基本的なものでもハイエンドなものでも、Octoparseはユーザーのほとんどのクローリングニーズを満たすことができるはずです。

 

 

 2. Cyotek WebCopy

WebCopyは無料なWebクローラーで、部分的または完全なWEBサイトをハードディスクにコピーしてオフラインでアクセスできます。

WEBサイトのコンテンツをハードディスクにダウンロードする前に、指定されたWEBサイトをスキャンし、ローカルパスと一致するようにサイト内の画像やテキストようなリソースへのリンクを自動的に再マップすします。

上記のルールに加えて、ドメインエイリアス、ユーザーエージェント文字列、デフォルトドキュメントなどを設定することもできます。

ただし、WebCopyには仮想DOMやJavaScript解析のフォームは含まれていません。WEBサイトでJavaScriptを頻繁に使用して操作する場合、JavaScriptが動的にリンクを生成し、WEBサイトのすべてを検出できなくなり、WebCopyは本当のコピーを作成することはできません。

 

3.  HTTrack

HTTrackは、Webクローラーのフリーツールとして、インターネットからWEBサイト全体をPCにダウンロードするのに適した機能を提供しています。WindowsLinux、Sun Solaris、および他のUnixシステムで使用できるバージョンを提供しています。1つのサイトまたは複数のサイトを共有リンクで共有することができます。「オプションの設定」でWebページをダウンロードするときに同時に開くページ数を決めることができます。ディレクトリ全体から写真、ファイル、HTMLコードを取得し、現在のミラーリングされたWebサイトを更新し、中断されたダウンロードを再開することができます。

さらに、スピードを最大化するためにHTTTrackでプロキシサポートを利用できます。HTTrackはコマンドラインプログラムとして、プライベート(スクレイピング)またはプロフェッショナル(オンラインのWebミラー)の両方のシェル用に動作します。なので、HTTrackは、高度なプログラミングスキルを持つ人にとってはいい選択肢です。

 

4Getleft

Getleftは、Webサイトをスクレイピングできる、無料Webクローラーです。使いやすいインターフェースと複数のオプションを備えて、Webサイト全体をダウンロードできます。Getleftには、ダウンロードする前に取得するサイトの一覧表を表示する機能があり、不要なサイトをあらかじめ除外できるという便利さがあります。ダウンロードしたページは、相対リンクに変更されるので、オフラインでのブラウズが容易です。それに、多言語サポートを提供し、現在Getleftは14種の言語をサポートしています。再帰的には実行されません。

Getleftは、フリーのWebクローラーツールとして、より複雑なスキルを必要とせず、基本的なクローリングニーズを満たす便利なソフトです。 

 

5Scraper

ScraperはWebデータを手軽に取得できるChrome拡張機能で、オンライン調査やGoogleスプレッドシートへのデータエクスポートに役立ちます。これでWEB上のデータを、エクセルやスプレッドシートに保存でき、データ収集の手間がかなり省けます。Scraperは無料のWebクローラーで、ブラウザでよく機能し、クローリングするURLを定義するためのXPathを自動生成します。データ抽出機能が限られていますが、スクレイピングの知識がない初心者にとっては使いやすいツールです。

 

6OutWit Hub

OutWit Hubは、Webデータ抽出機能を備えたFirefox向けのアドオンで、Web検索を簡単にさせます。このWebクローラーは、表示中のWebページの詳細をパーツ毎に一覧で表示、必要なパーツをローカルに簡単にダウンロードできます。

OutWit Hubは、ニーズに応じて、大量のデータをスクレイピングできる単一のインターフェイスを提供します。OutWit Hubを使うと、ブラウザ自体から任意のWebページをスクレイピングしたり、自動エージェントを作成してデータを抽出したり、設定によってフォーマットすることさえできます。

これは、最も簡単なWebスクレイピングツールの1つで、無料だし、コードを書くことなくWebデータを抽出できます。

 

7. ParseHub

Parsehubは、AJAXJavaScript、リダイレクト、およびCookieを使用するサイトからの複雑なデータ抽出をサポートする優れたWebクローラーです。Web上の文書を読み込んで解析し、関連するデータを出力できる機械学習技術を備えています。

ParsehubはWindowsMac OS XLinuxなどのデスクトップクライアントとして利用でき、ブラウザ内に組み込まれているWebアプリケーションを使用することもできます。

無料ツールとしてParsehubにプロジェクトを5つしか設定できません。

 

8. Visual Scraper

VisualScraperは、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えた、無料のWebクローラーです。コードを書くことなく、Webからデータを簡単に収集できます。複数のWebページからリアルタイムデータを取得し、抽出したデータをCSVXMLJSONまたはSQLファイルとしてエクスポートできます。SaaSに加えて、VisualScraperはデータ配信サービスや抽出ソフトウェアの作成などのWebスクレイピングサービスを提供しています。

Visual Scraperを使うと、ユーザーは特定の時間に実行されるようにプロジェクトをスケジュールしたり、分、日、週、月、年ごとにスクレイピングを繰り返すことができます。

 

9. Scrapinghub

Scrapinghubは、クラウドベースのデータ抽出ツールであり、開発者が貴重なデータを取得するのに役立ちます。オープンソースのビジュアルWebクローラーツールは、ユーザがプログラミングの知識なしにWebサイトをスクレイピングすることを可能にします。

Scrapinghubは、巨大なまたはボットで保護されたサイトを簡単にクローリングできるボット対策をバイパスすることをサポートする、スマートなプロキシローテータであるCrawleraを使用しています。これにより、ユーザーは単純なHTTP APIの代わり、複数のIPと場所からスクレイピングできます。

ScrapinghubはWebページ全体を構造化されたコンテンツに変換します。このツールが要件を満たすことができない場合、専門家チームを利用できます。 

 

10. Dexi.io

Dexi.ioは、ダウンロードを必要としないWebベースのスクレイピングツールです。ブラウザベースのWebクローラーツールとして、クローラを設定してリアルタイムでデータを取得できます。スクレイピングタスクを作成する3種類のロボット(抽出ツール、クローラー、パイプ)を提供できます。

Dexi.ioには、スクレイピングしたデータをGoogleドライブに直接保存したり、JSONCSVファイルとしてエクスポートする機能もあります。また、プロキシサーバーを使って匿名でデータをスクレイピングすることもサポートしています。収集したデータは、アーカイブされる前に最大2週間、サーバー上でホストされます。リアルタイムデータを取得するためのニーズに合わせて有料サービスを提供します。

 

11. Webhose.io

Webhose.ioはWebサイトからさまざまなリアルタイムデータを取得できるWebクローラーです。このツールにより、さまざまなソースをカバーする複数のフィルタを使用でき、取得したデータからキーワードをさらに抽出できます。

また、スクレイピングしたデータをExcelXMLJSONRSS形式で保存でき、アーカイブから履歴データにアクセスすることができます。さらに、webhose.ioは取得したデータを最大80種言語でサポートし、データの検索も簡単にします。

とにかく、Webhose.ioはユーザーの基本的なクローリング要件を満たすことができます。

 

12Import. io

Import. IoはURLを入力するだけでデータの抽出ができるツールです。コードを書くことなく数千のWebページを簡単にスクレイピングでき、要件に基づいて1000以上のAPIを構築できます。クラドベースのサービスであるため、ソフトウェアなどのダウンロードやインストールは一切必要ありません。ページのURLを入力すると、自動でデータ箇所を判断して情報を集めてくれます。

もちろんWindowsMacLinuxで使えるスクレイピング用のアプリも用意されています。スクレイピングの終了後、Csv/Json形式でデータをダウンロードできます。さらに、毎週、毎日、毎時のクロール作業をスケジュールできます。

現在、無料版は利用できなくなっているようで、最低利用金額は$299からです。

 

13. 80legs

80legsは、カスタマイズされた要件に基づいて設定できる強力なWebクローラーツールです。膨大な量のデータを取り込むことができ、抽出されたデータを即時にダウンロードするオプションもあります。80legsは、無料からでも利用でき、1回あたり10,000 URLまで取得できる高性能クローリング体験を提供します。

 

14. Spinn3r

 Spinn3rを使うと、ブログ、ニュース、ソーシャルメディアサイト、RSSATOMフィードからデータ全体を取得できます。Spinn3rには、インデックス作成作業の95%を管理するFirehouse APIが付属しています。スパムや不適切な言語の使用を取り除き、データの安全性を向上させる高度なスパム保護機能を提供します。

Spinn3rはGoogleのように、コンテンツを索引付けし、抽出したデータをJSONファイルに保存します。 Webクローラーは度々にWebサイトをスキャンし、複数のソースから更新するのもを見つけてリアルタイムの内容を取得します。管理コンソールではクローリングを制御し、フルテキスト検索では元データを複雑なクエリを作成できます。

 

15. Content Grabber

Content Graberは、企業向けのWebクローラーソフトウェアです。単独なWebクローリングエージェントを作成できます。ほぼすべてのWebサイトからコンテンツを抽出し、ExcelXMLCSV、ほとんどのデータベースなどの任意の形式で構造化データとして保存できます。

これは、多くの強力なスクリプト編集、インターフェイスデバッグを提供するので、高度なプログラミングスキルを持つ人に適しています。ユーザーは、C#またはVB.NETを使用して、スクリプトデバッグしたり書き込んでクローリングプロセスをプログラミングすることができます。たとえば、Content Grabberは、Visual Studio 2013と統合して、ユーザーの特定のニーズに基づいて、高度で洗練されたカスタマイズされたクローラーに最も強力なスクリプト編集、デバッグ単体テストをサポートします。

 

16. Helium Scraper

Helium Scraperは、要素間の関連が小さい場合にうまく機能する視覚的なWebスクレイピングソフトウェアです。コーディング、配置すること必要がありません。ユーザーはさまざまなクローリングニーズに基づいてオンラインテンプレートにアクセスできます。基本的には、初級レベルのユーザーのクローリングニーズを満たすことができます。

 

17. UiPath

UiPath は業務自動化をサポートするロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアです。 ほとんどのアプリケーションからWebデータとデスクトップデータの抽出を自動化します。Windowsシステムを実行している場合は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェアをインストールできます。Uipathは、複数のWebページにわたって表形式のデータとパターンベースのデータを抽出できます。

Uipathは、さらにクローリングするための組み込みツールを提供しています。このメソッドは、複雑なUIを処理する場合に非常に効果的です。Screen Scraping Toolは、個々のテキストエレメント、テキストグループ、テキストブロック(テーブル形式のデータ抽出など)の両方を処理できます。

さらに、コードを書くことなく、インテリジェントなWebエージェントを作成できますが、.NETハッカーがデータを完全に制御できます。

 

18Scrape. it

Scrape. It はクラウドベースのWebデータ抽出ツールで、Node.jsのスクレイピングソフトです。これは、世界中の何百万という開発者とコードを発見、再利用、更新、共有するための公開パッケージと非公開パッケージの両方を提供しているため、高度なプログラミングスキルを備えた方に向けられています。強力な統合により、ニーズに合わせてカスタマイズされたクローラーを構築することができます。

 

19. WebHarvy

WebHarvy はポイントアンドクリック式のスクレイピングツールです。非プログラマのために設計されています。WebHarvyは自動的にWebサイトからのテキスト、イメージ、URL&メールをスクレイピングして、様々なフォーマットで保存します。また、匿名でクローリングを可能にする組み込みスケジューラとプロキシサポートを提供し、WebクローラーがWebサーバによってブロックされるのを防ぎます。プロキシサーバまたはVPN経由でターゲットWebサイトにアクセスするオプションがあります。

WebHarvy現在のバージョンでは、スクレイピングしたデータをXMLCSVJSONまたはTSVファイルとしてエクスポートでき、SQLデータベースにエクスポートすることもできます。

 

20. Connotate

Connotateは企業規模Webデータ抽出用に設計された自動化Webクローラーです。ユーザーは、コードを書くことなく、ポイントアンドクリックだけで抽出エージェントを簡単に作成できます。

Ajaxなどの複雑なJavaScriptベースの動的サイト技術を含む、コーデイングなしでサイトの95%以上を自動的に抽出することができます。さらに、ConnotateはSQLデータベースやMongoDBを含むコンテンツとWebページを統合する機能も提供しています。

 

 

まとめ

Webコンテンツの作成から、大学などの研究機関、情報収集を専門とするアウトソーシング企業まで様々な企業や団体がデータ収集のニーズがあります。上記のWebクローラーは、ほとんどのクローリングニーズを満たすことができますが、これらのツール間ではそれぞれの機能に多くの違いがあります。したがって、大量のデータ取得や解析が必要な場合は、ニーズに合わせて最適なWebクローラーを使ってみると良いでしょう。